針ヶ谷二丁目自治協力会


 
 河 西 伸 子 会長

    針ヶ谷二丁目は、京浜東北線の東側で、与野駅の南側にある大原陸橋と中山道から針ヶ谷小学校に向かう道とに挟まれた地域に位置する閑静な住宅街です。現在の針ヶ谷二丁目には、領家寄りの針ヶ谷二丁目東部自治会と当自治協力会の2つの自治会があります。昭和47年までは、東部、中央部、西部の3つの自治会がありましたが、昭和48年に自治会統合の話が進み、中央部と西部が統合されて当自治協力会が誕生して現在の形になり、700世帯があります。

   初代会長には元浦和市議の小宮久氏が就任、昭和48年5月から昭和57年5月までの9年間、大役を務めました。二代目会長は小宮会長の下で会計を担当していた照沼直孝氏で平成21年1月までの27年間を務めました。三代目は中山金次郎氏で平成21年2月から29年4月まで務めました。
 平成29年5月、四代目会長に女性として初めての河西伸子氏が就任し、現在に至っています。

 当自治協力会は、昭和53年の針ヶ谷自治会館建設の際に、針ヶ谷地区の他の5自治会とともに、地方自治法260条に規定する認可地縁団体となりました。

    現在は、防犯/防災/環境衛生/福祉親睦の4テーマを主体に活動しています。防犯については防犯パトロール隊を組織して、月6回の町内巡回を実施しています。防災では防災対研修や針ヶ谷四町の合同防災訓練を毎年実施しています。環境衛生では年4回の町内清掃を実施し、福祉親睦関係では敬老の日に町内のお年寄りに記念品を直接届けるとともに、針ヶ谷の5自治会が協力して五針会夏祭りに参加をしています。

 住民ニーズを把握するために、河西会長の主導でアンケート調査を実施しました。その結果を踏まえ、世代間の交流を図り、「住んで良かった。」と思える街づくりを目指して参ります 


  役員の紹介

 会  長  河西 伸子
 副 会 長  高田 一彦
 副 会 長  新井 敏夫
 副 会 長  近藤  騰
 防災部長  新井 敏夫
 防災副部長  田村 早苗
 防犯部長  高田 一彦
 防犯副部長  木谷 喜洋
 環境衛生部長  山本 盛明
 環境衛生副部長  近藤  騰
 福祉親睦部長  町田 達郎
福祉親睦副部長  船田 利枝子 
 総務部長  二ノ宮 正志
総務副部長  栗原 富貴夫 

 監  事  竹井 功明
 監  事  小梅 真理子

 顧  問  大熊 幸雄
 相談役  泉   博


主な活動 
総務    会議、会計、名簿管理、庶務 

防犯    防犯パトロール
       防犯研修
       街灯交換通報

防災    防災訓練、防災研修
       施設見学
       消火器、容器の管理
       防災井戸の水質検査

環境衛生 ごみ集積所の管理
       ごみゼロキャンペーン清掃活動

福祉親睦 親睦旅行(夏、秋)
       敬老の日 記念品の配布



会  議 
総会、正副会長会、役員会(理事、監事)、監査会
 












針ヶ谷二丁目自治協力会

 

 




            
 

  針ヶ谷二丁目
  自治協力会
   お知らせ
 活動実績
  主な年間事業
    活 動 予 定
 TOPに   戻る